様々な中途採用支援

企業が求める中途採用支援

中途採用希望者は、どのような方法で中途採用を求めている会社を探せばいいのでしょうか。様々な方法が考えられますが、それぞれの方法によってメリットが大きく異なりますので、この記事では、中途採用支援について紹介したいと思います。

ハローワークに通うメリット・デメリット

中途採用支援の方法として、まずハローワークに行くというのがあります。ハローワークは、国が求職者に対し、求人情報などを提供し、それを支援する公共機関です。メリットは、日本全国どの地域でもあることと、やはり国という大きな機関が長きにわたり取り組んでいるために、その情報量は、民間の中途採用支援の機関に比べて多いです。また、職業訓練などの募集もおこなっているため、技術を学んだ後にその技術を生かして就職することもできます。デメリットとしては、空いている曜日と時間が限られており、お盆や正月などが休みに入うと開いていないこともあります。また、新卒、第二新卒などの求職者も訪れるため、中途採用者が不利な案件も中にはあります。

中途採用支援の仲介業者に頼むという方法

中途採用で雇ってもらいたい方、または中途採用で人を雇いたい会社にとって便利なサービスがあります。それは中途採用支援を行っている民間の業者を使うことです。多くの会社は、ホームページを有しており、中途採用を希望する求職者は、希望に合った会社を検索し、その会社が募集している求人の条件に当てはまるかを検討し、該当するようであれば応募することができます。これは、中途採用で即戦力を求めている会社などにとっても、希望に沿った人材を募集できるので、双方のニーズを満たしたマッチングサービスと言えます。また、インターネットにより応募と募集が24時間可能なのも大きな利点といえるでしょう。また、業者によっては、大きな会場を貸し切り、求職者と会社が直接会って話すことができる場所を提供するなどの催しも行っています。

中途採用に大切なのは人と人のつながり

中途採用支援のマッチングサービスやハローワークを使っても、なかなか新しい働き先が見つからない方にとって、もう一つの手段として、知人などのツテを使っての就職という方法があります。これは前職の会社の人間であったり、またプライベートでの知り合いであったり、その他様々な人脈を使っての中途採用になります。ただ、人脈が最初からなくても、新しい人脈を作ることにより、中途採用を目指すこともできます。その方法として、手っ取り早いのは、中途採用支援を行っている仲介業者が催している、求人募集を行っている会社との交流会などに足を運ぶことです。直接雇用につながらなくても、そこで様々な会社の人と連絡先などを交換しておくと、後々の中途採用につながることも多いです。